【最新プチベジ情報】2017.05.28: プチベジコラム「親子で楽しむ、ウキウキ野菜栽培」をアップしました!

*** サイト内検索 ***

プチベジ

インターネットでご注文

屋上農園に挫折した私が発見した室内栽培の魅力

 

「自家菜園の野菜を食べたい!」
そんな理想を胸に借りた都心のおしゃれな屋上農園でしたが、1年ほどで挫折・・・。
出勤前に畑で朝食を食べるという優雅な夢はもろくも崩れ去ってしまいました。
なにが失敗だったのかというと・・・
・珍しい野菜を育ててみよう!とワクワクしながら選んだ種の播種時期を逃してしまった。
・収穫間近のキャベツが青虫の餌になりものの見事に芯だけになってしまった。
・隣の方が園芸用殺虫剤、つまり食用の野菜には使えない殺虫剤を使い始めてしまった。
・素晴らしい出来具合の畑と比較してがっかりしてしまった。
・出張や残業に追われてなかなか畑に行けなかった。
・オフィス街には、野菜栽培用の資材を購入できるようなホームセンターがなかった。
・車がないので資材の運搬に苦労した。
そんなわけで、優雅どころかいつの間にかストレスフルな農園になってしまいました。

自家菜園へ憧れを捨てきれないまま悶々とする日々でしたが、そんな時に私の目に飛び込んできたのが、このハイテクな水耕栽培器です。
宇宙をイメージさせるようなデザインと園芸の融合に感激。
しかも水耕栽培だから、早起きが苦手で時間の制約が多い私でも挑戦できます。
なにより、青虫の心配も殺虫剤の心配もありません!

そして、畑に行くとどうしても日焼けしてしまっていたのですが、この水耕栽培器だとお肌へのダメージが少ないことも魅力です。
お肌のアンチエイジングに必要な3大要素「紫外線対策」「保湿」「睡眠」と野菜栽培の両立というコラボレーション、そして、新鮮野菜の酵素を食卓に取り込めば年齢不詳の美魔女になれるかもしれません。

私の栽培目標、まずはパクチーに挑戦です!
お値段が高い割に大量には必要がないパクチーですが、あれば料理のレベルが2ランクはアップしますね。
それから、鮮度が命のハーブ類も害虫の心配がないので繊細な味を楽しむことができそうす。
なにより、植物の成長を肌と目で感じるというのは最高のビタミン剤かもしれません。

 

【プチベジからひとこと】
栽培は楽しいけど、美容は切っても切れない重要事項。かといって体のことを気にして趣味や楽しいことを我慢するのはもっとストレス。
だから同時に叶えらえる方法が欲しくなるものです。

収穫量重視な方にお勧めの水耕栽培器キットはこちら

 

インターネットでご注文
TOP