【最新プチベジ情報】2017.05.28: プチベジコラム「親子で楽しむ、ウキウキ野菜栽培」をアップしました!

*** サイト内検索 ***

プチベジ

インターネットでご注文

ありがとう。 ちゅっぽん の生きる力。

 

ある日のことです。中学3年になる娘が小さな可愛い包みを抱えて帰ってきました。
その日は娘の15才の誕生日でした。包みから出てきたのはミニトマトの栽培キットで、育てるとハート型の実が生るハートマトというものでした。
「ちゃんと育ててハート型の実が生ったら、片思いの彼にきっと思いが届くよ。」と、お友達がプレゼントしてくれたのだとか。
お友達の娘への優しい気持ちも嬉しかったのですが、ハート型のトマトというのが面白くてネットで検索してみました。
そこは様々な家庭栽培キットや家庭水耕栽培キットの紹介サイトでした。
LEDを使ったおしゃれでスタイリッシュな水耕栽培キットや、お部屋で簡単に野菜が育てられるプチ栽培キットが並んでいて、
その緑の美しさと新鮮さに見入ってしまいました。
その中でも目に止まったのが、かわいい動物がストローでコップのお水を吸い上げると、背中のカゴの中に撒いたミントやバジルの種が育つという
小さな栽培キット ちゅっぽん でした。

 

それを母に贈ってみようと思い立ったのです。
一人暮らしの母は我が家の近くに住んでいましたが、長く一緒にいた愛犬を老衰で亡くしたばかりでした。
愛犬を亡くした母の落ち込みはひどく、何にでも積極的で行動的な母が日を追うごとに無気力になっていくのを見ているのが辛い毎日でした。
たとえ置物でも、動物好きの母の小さな癒しになってくれればいいとそんな軽い気持ちで取り寄せた 栽培キット ネコ ミント ちゅっぽん。
わたしが栽培キットをセットして母の日当たりのいいベッドの窓際に置きました。
このミントが育ったら二人でミントティを飲もうね、と約束して。
母はそれほど喜んだわけではありません。それでも ちゅっぽん はそっとそこにいてくれました。
10日ほどたった朝に母からこんなメールが届きました。
「見て!みゅーちゃんがミントの芽を出してくれたよ。」
みゅーちゃん?ミント?どういうことかすぐにはぴんときませんでした。
添付された写真には ちゅっぽん ネコの背負う小さなカゴから小さな小さなミントの芽が見えています。
母はいつのまにかちゅっぽんのネコをみゅーちゃんと名づけていたのでした。
日に日に育っていくミントを見ながら母が言いました。
「この子がね、毎朝ベッドで目を覚ますとそっとこっちを見てくれているのよ。
コップのお水を足してやるとね、嬉しそうにせっせとミントの種に水をあげているのがわかるの。
この子が小さな命を大事に大事に守っているような気がしてね。芽が出た時は嬉しくて思わず涙がでたの。よく頑張ったねって。
毎日この子を見てると、わたしもがんばらなくっちゃいけないって思えたのよ。」
みゅーちゃんのミントが食べられるほどに育っても、母はなかなか摘み取ろうとはしませんでしたが、
また新しい種を埋めてあげることを約束して、二人で約束のミントティを美味しく飲みました。
それから母は少しづつ元気になっていきました。
今では母のベッドの窓際には沢山の ちゅっぽん が並んでいます。
ネコのみゅーちゃんミント、ウサギのぴょんちゃんワイルドストロベリー、ブタのぶーちゃんクローバー、アザラシのごまちゃんバジル…。
母にもう一度元気になる力を与えてくれたのは、けし粒のように小さな種でした。
そして、それを大切に育ててくれた ちゅっぽん の小さな動物たちのおかげです。
ちゅっぽん、ありがとう。

娘のハート型の実が生るハートマトも、娘が気持ちをいっぱい詰めたおかげでたくさんの赤いハートの実をつけました。

思いが届いたかどうかは秘密だそうですが。

 

【プチベジから一言】
とても心に染み渡るお話でした。
例え言葉を発することができなくてもただ側に居て少しずつ自分たちの心を満たしてくれる存在。
それは何気ないことの繰り返しですが、その存在が何か新しいことをする度、その変化が私たちも変えてくれるのでしょうね。

『ネコ ミント ちゅっぽん』栽培キットはこちらから

インターネットでご注文
TOP